Q

査定額とはどんなものですか?

A

先ず、査定額は不動産会社によっても算出方法が異なるため、一社だけで適正な相場を知ることは困難であると思ってください。
同じ町内の土地でも、その土地の形や面積、方位、周囲の環境などによって価格が大きく変わってきますし、不動産の取引をする時期によってもその相場が異なることがあるため、同じ土地や建物であっても査定額が常に同じとは限りません。
また、複数の不動産会社に土地や建物の査定を依頼すると、会社ごとに査定額が異なる場合があります。
査定金額とは、3ヶ月くらいの販売期間があれば、その不動産が売れるであろうという価格を算出するといわれています。
つまり、不動産業者や担当の考え方や会社事情によって変わってしまうということです。

その他、査定をした不動産会社が本来知らなければならない理由を知らなかったために、計算しなければならない評点が入っておらず、金額が高くなったり低くなったりする場合もあります。
机上査定などでは正確な調査が行われていませんので、現地をよく知っている不動産会社とあまり詳しくない不動産会社ではこういった差が出ることがあります。

このように様々な理由によって差が出てくることになります。
売却後に後悔しないためにも、手間を惜しまず必ず複数の不動産業者から査定を受け、多くの情報の中からより正しい答えを見つけ出すことが大切です。
査定してくれた不動産会社と話をする際には、査定金額そのものを聞くというよりも、どのような考え方をする会社なのかを判断するために話を聞く、と考えた方が良いと思います。

このページを閉じる