Q

相続したくないのだけれど・・・

A

「相続をしたくない」という理由は、大きく2つあると思われます。
まず「相続放棄」をする場合です。
亡くなった方にマイナスの財産が多い場合や、相続人の間で争っていて巻き込まれたくない場合に相続放棄という選択をすることができます。
その場合、相続放棄申述書というものを相続が始まったことを知った日(通常、被相続人の亡くなった日)の翌日から3か月以内に被相続人の住所を管轄する家庭裁判所に提出します。
これにより亡くなった方の持つ土地や建物の所有権や預金、株等の財産や借金などのプラスの遺産および借金などのマイナスの遺産の「一切を引き継がない」ことになります。

また、実家(不動産)はいらないが相続放棄したいというわけではなく、不動産を売って現金を相続人全員で分割したい、ということも多くあります。固定資産税もかかり、維持費もかかり、実際の手間もかかる不動産を持っているよりは、すぐに現金化して分けてしまいたいということです。
この場合「代償分割」、「換価分割」という方法があります。
「Q&A Q. 相続争いはイヤ! 解決方法はある?」の項をご参考下さい。

このページを閉じる