Q

相続税が払えるか心配

A

相続税が発生したけれど、現金がなくて支払いが出来ないときは、相続した家や土地、マンションなどの不動産を売却したお金で相続税を納めることも出来ます。

その前に先ず、相続財産がいくらで、相続税をいくら払わなければならないかを明らかにしておきましょう。

相続税対象の相続財産は、預貯金や株式などの金融資産(定期金の権利や受取人の固有財産である保険金などのみなし相続財産も含めます)に不動産、車、家財道具などを合計し、債務(借金など)や葬式費用などを控除し、相続前に贈与された財産などの価額を加算し「課税価格の合計」を出します。
この合計から相続税法で決められている「基礎控除額」を差し引いた金額(課税遺産総額)に相続税が課税されます。

平成27年1月1日以降の相続から

「課税価格の合計」-「基礎控除」(3000万円+法定相続人×600万円) =「課税遺産総額」
→ この金額に応じた税率により課税額計算 = 相続税額 という計算になります。 

相続人が複数いる場合は、これを基に各相続人の相続税額を計算していきます。

さて、通常、財産の大部分を占めるのが不動産です。
不動産を相続したのだけれど、ご質問のような相続税を納めるための現金がない、ということはよくあります。
そのような場合、相続した家や土地、マンションなどの不動産を売却したお金で相続税を納める方法があります。
(「分割支払い」、「物納」等の方法もあります。但し、いろいろと厳しい条件が付いています。)

この相続した不動産を売却して相続税を払う方法についてのメリットは2点あります。

1.高く売れれば相続税を支払っても手元に現金が残る
2.不動産売却の際に本来かかる譲渡税が軽減される
3.複数の相続人がいる場合、納税後、残った現金を分配がしやすくなる

相続税の申告・納税は相続の日(被相続人が死去した日)から10か月以内にしなければならないことになっています。
そのため売却は10か月以内に行わなければ支払いに間に合いません。
時間に余裕がない状況で売ろうとすると、価格交渉で不利になりがちです。
専門家に相談される事で、売却しない相続したでもよい方法や、相続した不動産を活かす方法を考えましょう。